Blog Post Image: aida

会田 二郎(じろー)

会田 二郎(じろー)

◉自己PR
シーズン中は各地でキャンプを開催。
12月はカナダ・ウィスラー のツアー、ハイシーズンは八ヶ岳に作ったゲストハウス草原屋でもキャンプを行なっています。
詳しくはホームページを参照してください。
http://www.aidajiro.com/

◉チューンナップの必要性
工場出荷時のボードに誰もがワックスを塗ってから山に出かけます。
もちろん滑走性を良くするためにそうする訳です。
ではその道のプロに自分のボードをカスタマイズしてもらった場合どれだけ板が変わるのでしょう?
自分が初めてチューンナップに出した時の事を今でも覚えています。
エッジが抜ける気がしない、ターンの切り替えがスムーズになった、安心してスピード出せる、など印象として残ってます。
つまり板の性能をさらに引き出して、より多くの喜びを味わえるという事でしょう。

◉キャラでのチューンナップ
この件はいろいろありますが、中でも戸倉でテクニカル選(当時連覇中)
3日間を戦った最後の種目にパイプがあった時のこと。
その時すでに他の種目を滑りきり、前夜のホットワックスの効果は出し切っていたと思われる。
出走順は最後の方で荒れたパイプに湿雪はかなりの減速要素であった。
がしかし、手厚い山本さんのサポートのおかげで板がかなり走ってくれた。
なぜだろう?そんな疑問が頭をよぎった。
山本さんとゴールエリアで会った時、その答えはすぐに出た。
スタートワックスが効果を出すためには、もっと前段階のボードの状態がものをいう。
そんな事が体感できた瞬間でした。

◉キャラファクトリーとは
山本さんとの出会いから約10年、お互いをよく知る仲ですが、ここだけの話し・・・昔から変わってない所があります。
それはライダー、お客さん、どの板を問わず同じように魂を入れて1本1本自分の手でチューンナップしている所。
その数を思えば強靭な精神力 の持ち主である事は間違いありません。
そして常に前向きにチュー ンナップを研究している所。
その2点は今も変わっていません。
そんなキャラファクトリーの職人技を一人でも多くの方に体感してもらいたいですね。